ジャグラー やめどきのオカルトについて!

 

 

どーもみなさん!勝ちまくってますかー?私は勝ちまくってます!

 

 

ほとんどがジャグラーでの勝ちなんですけどね。日本を代表するジャグラー信者でございます(笑)

 

 

先日、ジャグラー信者の方達と、ジャグラー会議をしているとオカルトの話になりました。

 

 

みなさんはジャグラーのオカルトは信じていますでしょうか?

 

 

昔からよく耳にするのが「よそ見をしてると光りやすい」など「クレジットを50枚にしてから打つと光りやすい」逆に3枚づつ賭けた方が良いとか(笑)

 

 

いろんなオカルトが数多くありますよね〜。

みなさんは信じてるオカルトがありますか?私はオカルトを信じてる時もあります!

 

 

というより、オカルトを楽しんで打つ時があります。結構楽しいです!(笑)

 

 

もちろん、集中して「光れ光れっ」て念じる時の方が多いんですけど、自分に余裕があったりすると進んでオカルト検証をしてしまいます。

 

 

昔ハマっていたオカルトがあって「250ゲームから300ゲーム」は光りやすい!!

 

 

こんなオカルトをどこで見たかも覚えていませんが、とにかく店内のジャグラーの250ゲーム台を探し回ってた時期がありました。

 

 

信じた結果はと言いますと。。。1年間通してプラスだったんですねー(笑)

 

 

オカルトとして信じてた部分と、よっぽど合算が悪くない台を選んで座っていたのと最高でも50ゲームしか回さないというルールで打っていたのが良かったんだと思います。

 

 

ただここで、ジャグラー信者との会議で盛り上がったのが、ジャグラーを勝つ上で1番重要と言われてる『やめどき』のオカルトです!

 

 

オカルトなのか、自然現象なのかは定かではありませんが、今日はジャグラー信者と一番の盛り上がりみせた。ジャグラーの『やめどき』について書いていこうと思います。

 

 

PR

オンラインカジノをリアルに実践するYouTuberが登場!

オンラインカジノで入金なしで、約3000円(30ドル)を無料で貰う方法を動画で実践公開。

プレイ実践も毎日更新中。見るだけでも楽しいぞ!

YouTube動画に飛ぶ場合は以下の「アイコンをタップ」
↓↓↓↓↓




一番多い『やめどき』

2016-04-05_10h00_36

『やめどき』オカルトの中で、よく聞くオカルトは「ジャグラーは130ゲームまで連荘モードにいる」

これはよく見かけますね〜。よく見かける分反発派の声もよく耳にします。

 

 

ただ実際、私が店内で、1番多く見かける『やめどき』は100〜150ゲームの間ですね!

 

 

これを推測すると、ジャグラーの大当たり確率の合算が130〜150台が平均となっているので『やめどき』が1番多いんだと思います。

 

 

ただ良い台は、この150ゲーム台までに光る確率が多いところから、オカルトとして「ジャグラーは130ゲームまでは連荘モードがある」になったんだと思います!

 

 

私もこのオカルトはオカルトとしてではなく理論上として信じて損はないと思ってはいます。(とか言いながら、即止めも多い私です)

 

 

ただ、130ゲーム台での『やめどき』はジャグラー信者達の中でも大絶賛でした!
あとは私の中でのオカルトですが、「ゲーム数が偶数で光りやすい台と奇数で光りやすい台がある」

このオカルトは、信者の中でも賛否両論でした。(私も100%信じてるわけではないんですけどね(笑))

 

 

ただ、たまに確認すると。。。また奇数か、奇数が多いなこの台ってなるんです!

 

 

そして奇数が多い台は連荘が多く偶数はハマりが多いという特徴があると勝手にオカルトを作って楽しんでます。

 

 

ちなみに奇数で光りやすい台の『やめどき』は100〜130ゲーム台が『やめどき』です(笑)

 

 

逆に偶数で光りやすい台の『やめどき』は200〜300ゲームと少しゾーンが広がってしまいます。

 

 

なので、偶数で光りやすい台は早めに『やめどき』を見つけて止めます。

 

 

結局のところ『やめどき』ってオカルト信じればいいの?

top

最初に結論を言いますと、信じなくて良いと思います。

 

 

先ほど、信じても損はないと書いていますが、あれはあくまでも楽しむ場合や、即止めが出来ない方にとって1つの目安にしても損はないという意味です。

 

 

私は、先ほども書いてますが、どちらかと言うと即止めや10ゲームくらい回してやめる事が多いです。

 

 

もちろん自分の置かれてる状況にもよるんですが、なんであれ私は必ず換金して20円でも多く勝って止めたいので、即止めが多いです。

 

 

もちろん負けていて、ここまで追って光らなければ止める!という、『ここまで』の目安を決めて打つときもありますが、私の基本の『やめどき』は即止めです。

 

 

オカルトを信じて勝てるなら信じますが、まずありえません。

先ほども書いた通り演出の1つとして私は楽しむようにしてます。

 

 

オカルトはジャグラーを楽しむ1つの要素

2016-04-06_12h53_32

オカルトってジャグラーを楽しむ1つの要素なんですよね。

 

 

いきなり連荘したり、いきなり大幅にハマってみたりと打ち手にとって想像できない事が突然起きる。

 

 

そして演出が少ない分、打ってる時に、色々なことを考えさせられる。それによって自分なりのオカルトが生まれる。

 

 

ジャグラーが人気である理由は、そこにあるんだと思います。

 

 

店内でも、よく若い方達が、席を立って自分の台を遠くから見ていたり、頻繁にトイレに行ってみたり「あ〜オカルト試してるのか、光るといいね」って思ってます。

 

 

暖かい目で見守って、一緒に光れって念じてます(笑)

 

 

ジャグラーにとってオカルトは演出の1つであり、打ち手によって、その演出が変わる最高に面白い台なんだと思います。

 

 

ちょっと褒め過ぎですかね(笑)

 

 

それだけ先日はジャグラー信者の方たちと熱く語りましたので、今回は記事にさせて頂きました。

 

 

みなさんが1日でも楽しいスロライフを送れるように心から願っております。

PR

オンラインカジノをリアルに実践するYouTuberが登場!

オンラインカジノで入金なしで、約3000円(30ドル)を無料で貰う方法を動画で実践公開。

プレイ実践も毎日更新中。見るだけでも楽しいぞ!

YouTube動画に飛ぶ場合は以下の「アイコンをタップ」
↓↓↓↓↓